知っておくと役立つかもしれない

技術資料


【研究開発用ユニバーサル基板関連資料一覧】
項   目 内      容
表面実装部品半田付け用ツール
SMDクランプ PX1510
SMD_CLAMPの外観写真
初心者でも表面実装部品(SMD)の半田付けが簡単にできる様になります。 (2015/08/15)
研究開発用ユニバーサル基板
有効利用のヒント

弊社の研究開発用ユニバーサル基板を有効に利用する上でのヒント集です。 (2013/08/30)
研究開発用基板を
タイル工法で使用する

研究開発用回路試作におけるタイル工法のメリットについての説明資料 (2013/02/25)
CHIP/DIP共用を可能にする
パッドインDIP
使用例1 使用例2
ピッチ変換基板不要 CHIP/DIP共用を可能にするチップ部品用パッドの説明資料 (2013/04/30)


【技術資料一覧】
項   目 内      容


【自作治具】 効率アップに有れば便利な治具、しかし、市販に無ければ自作ですね
SMD固定具
org_extender_pの写真
洗濯ばさみに基板端材を
セロテープで接着
 少々可愛らしく、健気な感じ

org_extender_sの写真
1608チップ抵抗把持状態
 使用感は60点

SMD固定具の試作第1号
 SMDの位置決めに良い道具が市販に見つからないないので自作検討

三点自立ピンセット型
 そこそこ行けるも全体の滑り摩擦、または自重を大きくする必要あり
 多ピンパッケージ対応困難
 ----> 結論的には SMDクランプ PX1510 に落ち着く
                      (2015/08/15)
ケーブルエクステンダ
org_extender_pの写真
部品面
 ラベルをきれいにしたい
org_extender_sの写真
半田面
 配線多い
gpib_extender_pの写真
GPIB信号 チェック用アダプタ
 裏面の配線多い

初代ケーブル端子引き出し具と、GPIBコネクタ信号チェック用アダプタ

市販に無いので各種ボード試験やGPIB試験用に自作
大変便利なので皆様にお勧め、しかし、自作はかなりの手間が必要
市販にあれば購入した方が遙かに安価
 ----> との事で機能拡張して汎用として製作・販売したのが
ユニバーサル・コネクタ・エクステンダ 「PX0101」 でした (2015/07/19)

グランド端子拡張用治具

px1220_gnd_bus1の外観写真
部品面
px1220_gnd_bus2写真
半田面(絶縁対策あり)

大径リード用ユニバーサル基板 「PX1220」使用
 錫メッキ線φ1.0使用で強度確保 (φ1.3スルーホールの有効活用)
 回路試験対象ボードにグランド端子が少ない場合に便利
 通電回路(ボード)上に載せても良い様に、アクリル板とプラスチックビス、プラスチック支柱で絶縁用底板取り付け
gnd_probeの外観写真 
使用例
底板4写真
 無人運転時や恒温槽での使用時にはさらに安全確保の為に、名刺用プラスチック空き箱に入れます(名刺サイズである事のメリット) (2015/07/19)
ベースユニバーサル基板「PX1310」
用エクステンダ
px1320_extender_pの外観写真


CHIP/DIP兼用 ユニバーサル基板PX1320使用
 各信号にピンヘッダを挿入し、ベースボードとの接続要否選択可能 (2015/07/19)
px1320_extender使用例の写真
使用例
Hブリッジ模擬負荷電流方向表示LED
負荷電流方向表示LED外観写真

Hブリッジ模擬負荷の電流方向を表示する為にLED回路を取り付け
負荷電流方向表示LED回路図
CHIP/DIP兼用 ユニバーサル基板 PX1320をカットして使用
追加配線無しで基板に部品を搭載するだけで完成
回路動作が目で見えて極めて便利   (2015/08/6)
模擬負荷用抵抗
px1220_horo_regの外観写真

大径リード用ユニバーサル基板 「PX1220」
基板ジョイント PX1240使用
 パワー駆動回路試験用模擬負荷
 3Ω/5W ホーロー抵抗 60本使用
 0.2Ω/75W 4ブロック、リード線で直/並列任意変更して使用 (2015/07/19)
2チャンネル計測アンプ
計測アンプの外観写真

シングルオペアンプ基板 PX1330使用

オシロスコープ用差動プローブの代替に一台用意して置くと便利  (2013/07/02)
電流/電圧変換器
電流/電圧変換器の外観写真

シングルオペアンプ基板 PX1330
大径リード用ユニバーサル基板 PX1220
基板ジョイント PX1240使用

各種装置の消費電流測定に使用可能  (2015/08/05)
ファンクションジェネレータ用バッファアンプ
FG用バッファアンプの外観写真

シングルオペアンプ基板 PX1330
大径リード用ユニバーサル基板 PX1220
基板ジョイント PX1240使用

ファンクションジェネレータの電圧出力のパワー増幅に使用  (2015/08/05)
製品版より便利
壊れたICテストクリップのリサイクル
コード加工写真

オシロスコープ用ICテストクリップアダプタの製作 (2008/05/13)
抵抗、コンデンサ、ダイオード標本基板
各種抵抗写真

各素子の一通りの値を小型基板上に標本化しておくと回路試験に便利 (2008/05/10)
【ずぼらな人向け】手戻り防止に有効
ロジアナ測定ポイント計画の奨め

ロジックアナライザ使用時の、測定ポイント計画の必要性と、そのメリットについて (2001/03/10)
30秒でできる
リセットジャンパ アダプタスイッチ製作
外観

2極ジャンパコネクタによるリセット回路用スイッチアダプタの製作方法 (2000/10/16)


【市販器材、装置関連】 参考としての市販器材体験より
パソコン接続USBロジックアナライザの
選択に関して


ロジックアナライザ外観
パソコン接続USBロジックアナライザ(LogicStudio16 テレダイン・レクロイ)を購入した際の、参考としての経験談です。  (2015/08/05)
便利な工具
ハンドカッタ

ハンドカッタ外観
 ハンドカッタ PC−300(サンハヤト)
 (現時点では後継機種に変わっている模様)
 1.6mm厚の基板や、1.0mm厚のアクリル板は簡単に、キレイにカットできて、兎に角便利です。
 治具の製作には手放せません。   (2015/08/05)
【改訂】
LATITUDE D531の故障報告

LATITUDE D531(DELL社)電源トラブル例の参考資料 (改訂2016/03/01)
【失敗談】 ミノ虫クリップ点検の奨め

安いミノ虫クリップを使用した失敗経験談 (2001/06/17)


【設計関連】 設計メモ
定番トランジスタ2SC1815の代替え対応

定番トランジスタ2SC1815、2SA1015の廃番に伴い、パッドインDIPを用いて 表面実装トランジスタで代替えする方法 (2015/10/10)
電流ブースタの過電流保護回路の盲点と対策案

オペアンプに設ける電流ブースタのトランジスタによる過電流保護回路の盲点と対策案 (2013/05/30)
【全面改訂】
カウンタによるクロック監視回路

ウオッチドッグタイマ等に使用するクロック停止検出方法の一例
の全面改訂版 (改訂C 2016/2/29)
ASIAN記法による vhdl ソースファイルのダウンロードも可能です。
ASIAN記法
(HDLにおける信号名命名法について)

(PDFファイル345Kバイト)
HDLにおいて、信号に属性を付加して回路の設計、読解をし易くした、信号名記述方法
ソフトウェアにおける変数名記述法である「ハンガリ記法」のHDL版 (改訂D 2010/5/23)
意志決定ツール
AMPS法
表計算により比較表を作成して意志決定の材料とする
具体例のEXCELファイルはamps.xls (2002/12/30)
【改訂】
ダンピング抵抗値決定の一方法

クロックライン等のダンピング抵抗の最適値を、容易に決定する方法を一例として記述したもの (改訂 2016/02/29)
通信状態表示LED回路例

LED1個だけでも有効性の高い、通信状態表示LED回路例 (1999/12/10)
CPUローカルバスデータバッファ構成例

ライトサイクル時のデータ出力開始が速いCPUのデータバッファ構成方法について (1999/04/01)
GPIBデバイスドライバテストプログラム

GPIBデバイスドライバ動作確認用テストプログラム例 (1998/9/08)
デュアルポートメモリ調停回路

デュアルポートメモリの調停回路(アービタ)の一例 (1998/1/31)
波形整形回路による通信システムノイズ対策
(PDFファイル308Kバイト)

波形整形回路を使用した通信システムにおけるノイズ対策
(雑誌「EMC」 No.94 1996年2月号 (ミマツデータシステム)掲載記事原稿より)


【その他】
商品価値の指標としての CR4KV


業務に必要な器材や治具を自作するか購入するかは、チャージレートに対する価格の時間換算値 CR4KV(Charge_Rate_4000_ yen corresponding Value)によると判断が容易です。  (2015/08/16)
特許申請に関する目からウロコ的参考資料

自分で特許申請する人に、是非お奨めの資料 (2011/07/11)


【FRS関連資料一覧】
項   目 内      容
フリーレンジシャント適用例
FIDアンプへの適用事例

フリーレンジシャント(FRS)(特許第3628948号)が化学分析機器メーカのジーエルサイエンス株式会社様のガスクロマトグラフ用FIDアンプに採用されていますのでご紹介します。 (2013/07/17)
並列型フリーレンジシャント
2レンジ フリーレンジシャント回路

漏れ電流が大きいアナログスイッチを用いずに、I/V変換用オペアンプ自体で漏れ電流ほぼゼロの高精度レンジ切り替えを行なう
14ピンオペアンプ1個で2レンジオートレンジI/V変換回路を実現 (2011/07/11)
高速オートレンジを可能にした電流/電圧 変換回路
フリーレンジシャント概要説明

フリーレンジシャントの基本型4種類について (Rev.B)  (2008/03/10)
フリーレンジシャントの応用
フォトダイオード用I/Vアンプの方式比較

フォトダイオード用I/Vアンプへの適用得失比較 (2005/07/26)
フリーレンジシャントによる
携帯電話消費電流の測定精度向上対策

携帯電話消費電流の測定方法と精度について (2005/07/22)
能動FRS(AFRS)による携帯電話用電流計
スーパークーロンメータ「PX03SC1」

実証機の説明 (2005/07/03)
雑誌掲載記事

トランジスタ技術2003年3月号(275頁) CQ出版
「高速レンジ切り替え可能なクーロンメータの製作」
The Institute of Physics (IOP 英国物理学会)
発表論文より

上記の特許第3628948号 電流/電圧変換回路(受動FRS)と同様のアイディアがドイツでも発表されていました。
Current measurements in a wide dynamic range.applications in electrochemical nanotechnology
中の4頁 2.3.節 Double-output high dynamic range current-to-voltage converter 参照。
(この論文発表は2007年であり、特許第3628948号の出願は2000年9月です)
I/V変換用 レンジ切り替え回路

電流/電圧検出回路のリレーによるレンジ切り替えを高速化を図る
2001年7月6日特許登録(特許第3207037号 レンジ切替回路)
  −−− 特許情報プラットホーム (2002/03/18)
フリーレンジシャント(FRS)
検証回路

@FRS検証回路一号機の部品面と半田面
FRS1_P1の写真 FRS1_S1の写真
AFRS検証回路二号機の部品面と半田面
FRS2_P1の写真 FRS2_S1の写真

 何れも市販の蛇の目基板(ユニバーサル基板)で製作。チェック等も含めると製作に10日程掛かり大変でした。
 特に電源配線、パスコン配線や、φ0.9mmのスルーホールを通らない大型ダイオード、パワートランジスタ、ヒートシンク 取り付け等は予備工作が必要で見た目以上に手間が掛かります。

BFRS検証回路三号機の部品面と半田面
FRS3_P1の写真 FRS3_S1の写真

 よりシステマチックにして回路試作と検証を簡単に行なえないか、市販のユニバーサル基板を探すも、見当たらず。
---->
 市販に無ければ自作するしかないとして、オペアンプ基板、変換基板無しでCHIP/DIP部品が使用可能なユニバーサル基板、 大口径リード部品が実装可能な大径リード基板、それらを 統合するベース基板等を研究開発用ユニバーサル基板として新規製作。

 手配線大幅減に伴いチェックも容易になり、製作工数は大幅減。
 小型化、信頼性 向上、見栄え、回路変更容易性、回路使い回し可能性等の大きなメリットも得る事になりました。


−−−−− 本ページはここまで −−−−−