表面実装はんだ付け用「SMDクランプ」使用方法の補足説明集

【開発支援ツールシリーズ】

SMDクランプ(150mmアーム)PX1810
SMDクランプ(80mmアーム)PX1510
使用のヒント


【はじめに】
 本ページはSMDクランプの使用方法の補足事項を集めたものです。
 基本事項の説明は 表面実装はんだ付け用新ツール「SMDクランプ」 のページをご覧下さい。

 本ページの動画は YouTube に投稿したものです。

 YouTube で 「はんだ付け SMD」等で検索すると1,000件以上のはんだ付けの画像がヒットします。
 玉石混交で、中には素手で部品を扱うものや、チップ部品の端子蒸発の観点から心配になるものも有ります.

 「SMDクランプ」を用いれば、誰でも「かなり玉」の部類に入るはんだ付けができる様になると期待できます。

1.SMDクランプ(150mmアーム)PX1810による使用例
 チップ抵抗やチップコンデンサ等の小形チップ部品については新たに 実用向けチップ部品のはんだ付け 点眼はんだ法について を提案する事になりました。(点眼はんだ法の適用対象は主としてチップ部品です)
 これに伴い、従来方法(溜め流しはんだ法)によるチップ抵抗、チップコンデンサの動画は「参考」とし、 これに代わる推奨方法として点眼はんだ法による動画を追加しました。

【点眼はんだ法による使用例】

■1608チップ抵抗のはんだ付け
使用基板:CHIP/DIP兼用 ユニバーサル基板PX1320


■1608チップコンデンサのはんだ付け
使用基板:CHIP/DIP兼用 ユニバーサル基板PX1320


【従来方法による使用例】

■20ピンSSOPのはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610



■1.27mm ピッチ8ピンSOPのはんだ付け
使用基板:SMD用ユニバーサル基板PX1211


■1.27mm ピッチ8ピンSOPオペアンプのはんだ付け
使用基板:シングルオペアンプ基板 PX1330


■5750サイズチップコンデンサのはんだ付け
使用基板:シングルオペアンプ基板 PX1330


■SC-70形3ピンSOTのはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■5ピンSSOPのはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■1005サイズチップ抵抗のはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■表面実装型可変抵抗のはんだ付け
使用基板:シングルオペアンプ基板 PX1330


■ダンパー線ののはんだ付けAWG30(Φ0.26mm単線)
ダンピング抵抗値決定の一方法のダンパー線付き可変抵抗取り付け
使用基板:シングルオペアンプ基板 PX1330


【参考1】SMDクランプPX1810の耐久試験
31.1万回「OK」を確認(部品高さ17mm想定)
外観、押圧の変化無しを確認し耐久試験を終了。


【参考2】レバー付きSMDクランプ(試作)
製作が複雑になり、コストアップの為廃案。
最終製品の形態で操作性は充分との結論。

 

2.SMDクランプ(80mmアーム)PX1510による使用例


■操作方法


■20ピンSSOPのはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■SC-75 3ピンSOTのはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■パッチ線のはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610


■ジャンパ線(抵抗リード線再利用)のはんだ付け
使用基板:0.65mmピッチSSOP用ユニバーサル基板 PX1610

 
3.使用方法の補足

(1)SMDクランプ(80mmアーム)PX1510のカスタマイズ
 クランパ(部品押え PX1510-3)の先端はユーザの用途に合わせてヤスリで適当に削ってカスタマイズするとさらに使い易くなります。
 例えば、厚さ1.0mmの先端を0.5mm程度の楔形にする、幅3.0mmの先端を2mm程度にする等です。

クランパアダプタの写真
厚さ1.0mmの先端を0.5mm程度の楔形に加工
アダプタ使用例の写真
幅3.0mmの先端を2mm程度に加工

(2)SMDクランプ(80mmアーム)PX1510の部品押え PX1510-3 の交換
 予備品として部品押え PX1510-3 を1個添付しています。
 部品押え PX1510-3 はアーム PX1510-2 にはんだ付けしているので、はんだゴテで加熱すれば容易に交換ができます。

(3)SMDクランプ(150mmアーム)PX1810のクランパのカスタマイズ
 基本的にステンレスを研磨してカスタマイズするのは困難なので、以下の様にアダプタを製作します。

 @ガラスエポキシ等の基板の端材を、先端がクランパ先端より少し突出する程度に切り出し、所要の形状に加工してアダプタとします。
 (加工性、耐熱性、入手性の点でガラスエポキシが最適でしょう)

 A熱収縮チューブを用いてクランパ裏面側に固定します。

アダプタ使用例の写真
アダプタを熱収縮チューブでクランパに固定
(Φ0.25単線をクランプした様子)
クランパアダプタの写真
熱収縮チューブとアダプタ
(クランパから外した状態)

(4)位置決め障害対策
 はんだ付け対象基板の裏面に実装された部品がクランパホールに引っ掛かり、位置決めの邪魔をする場合があります。
 その様な場合には、耐熱性のある基板や金属板を下敷きとして用いると解決します。
 下の動画はその一例です。




(5)ガタつき対策
 基板端をクランプした場合に基板が傾いてガタつき、はんだ付けがし難い場合があります。
 その様な場合には、基板の他方の端にSMDクランプのベースの厚さ0.8mmにほぼ等しい板厚の板を基板の下に入れて支えると解決します。
 下の動画はその一例です。



4.SMDクランプの自作

 SMDクランプはプロユースとしては、自作するより購入した方が遙かに安価で高品質です。
 一方、趣味の場合には、時間を費やしても出費を抑えたいのが一般的です。

 その様な場合の、自作の為の参考資料として型紙を作りました。
  SMDクランプ型紙のダウンロード

 材料は加工性、耐熱性、弾力性の観点からから厚さ1.0〜1.6mmのガラスエポキシ板が最適です。
 プリント基板製造に伴う廃棄物である捨て基板、または市販のユニバーサル基板で充分です。

 型紙をプリントアウトして材料に貼り付ける場合には、水溶性の接着剤では紙が延びて寸法が狂うので、いわゆる「セメダイン」の様な接着剤を使用して下さい。

自作SMDクランプ
  自作SMDクランプの一例

 なお、SMDクランプの原案については工業所有権が設定されているので、営業目的での製造、販売はお控え下さい。
 また、当社では自作版のSMDクランプを使用した結果についての責任を負うものではないので、あくまでも自己責任で行なって下さい。

特定商取引に関する法律に基づく表記

−−−−− 本ページはここまで −−−−−