【研究開発用ユニバーサル基板シリーズ】 オペアンプ回路の試作、実習に最適

配線せずにジグソーパズル感覚で回路が組める

SMD対応シングルオペアンプ基板 「PX1330」

1.PX1330概要

 シングルオペアンプ基板「PX1330」は、8ピンシングルオペアンプ、又はINA106、INA111(TI)等の計測アンプが最大2個実装可能で、 適切な位置に回路部品を実装するだけで基本的オペアンプ回路の多くを、ジグソーパズル感覚で簡単に製作出来る様にしたものです。
 対応するオペアンプのパッケージはピン間2.54mmピッチのDIP、又はピン間1.27mmピッチのSOPです。
 その他の回路部品にはアキシャル部品、ラジアル部品以外に1608チップ部品が使用できます。
PX1330のSide-Pの外観拡大写真
Side−P
PX1330のSide-Sの外観拡大写真
Side−S
「PX1330」の外観

 オペアンプ基板には他に以下の基板も有ります。
  デュアル/クワッドオペアンプ基板 「PX1010」
  シングルオペアンプ基板 「PX0001」


 【主な用途】
 【特長】
2.PX1330使用方法

 オペアンプ基板「PX1330」の使用方法の具体例として反転増幅器を製作してみます。

(1) 目的とする 回路図(@) を作成します。

(2) 回路図(@)の各部品をユーザーズマニュアル17、18頁の 実装設計用テンプレート(A) に当てはめて実装設計をします。 (ジグソーパズル感覚の楽しい作業です)

(3) 部品実装設計で決定した部品番号を元の回路図(@)に反映させれば、 最終回路図(B) が完成します。

(4) 部品実装設計に従って部品を「PX1330」に実装し、半田付けすれば組み立て完了です。

3.PX1330基本仕様
項   目 内   容
外形寸法 77.2mm × 51.72mm、 板厚 1.6mm
基板仕様 ガラスエポキシ(FR−4)、銅厚35μm、両面パターン、スルーホールφ0.9mm、金フラッシュメッキ(RoHS対応)、両面シルク、両面半田レジスト塗布
対象オペアンプ(又は計測アンプ) 8ピンDIP、又は8ピンSOPのシングルオペアンプ、8ピンDIPの計測アンプ INA111(TI)等、合計2個迄実装可能
対象回路 反転増幅器、非反転増幅器、差動増幅器、電流増幅器、積分器、微分器、 アクティブフィルタ、コンパレータ、理想ダイオード回路、関数発生器、絶対値回路、ピークホールド回路等の基本的オペアンプ応用回路
周辺回路 電流ブースタ(過電流保護回路付き)、オフセット調整回路、汎用可変抵抗器(ゲイン調整に使用可能)
パッドインDIPのパッド数
(ユニバーサルエリア)
Side-P 3ピンSOT/チップ部品(1608、1005サイズ)兼用パッド  18個
 注:パッケージサイズが大きく互いに衝突する場合、隣接する3ピンSOTパッドの一方には3ピンSOT部品が実装できない場合があります。
チップ部品(1608、1005サイズ)  9個
Side-S チップ部品(1608、1005サイズ) 47個
隣接パターン間最大電圧 DC40V(清浄な環境において)
パターン電流容量 電源/グランドパターン 最大0.7A
信号パターン  最大0.4A
制限事項 本基板は回路の汎用性を主目的にしているので、以下の用途では目標の性能が出ない可能性があります。
  ・配線パターンを分布定数回路として扱うべき高速回路
  ・配線パターン間にガードリングやシールドを必要とする様なハイインピーダンス回路や微小信号回路

4.PX1330関連資料

ファイル ファイル
サイズ (pdf)
訂正番号
(発行or改訂日)
備 考
シングルオペアンプ基板 PX1330 ユーザーズマニュアル 約8733KB (2013/06/13 Rev.A) 製品にはユーザーズマニュアルを添付しておりません。
ここからダウンロードしてご使用下さい。
シングルオペアンプ基板 PX1330回路図 約131KB (2013/06/01 初版)
シングルオペアンプ基板 PX1330部品実装設計テンプレート 約129KB (2013/06/13 Rev.A)
【技術資料】 電流ブースタの過電流保護回路の盲点と対策案 PX1330の過電流保護回路を使用する際に参考にして下さい。

5.PX1330使用例

 使用方法はデュアル/クワッド用オペアンプ基板「PX1010」のオペアンプ2個迄の回路と同様の為、使用例はPX1010の使用例を参照して下さい。
 ここではシングルオペアンプ基板「PX1330」特有の特長を活かした使用例を示します。

外 観回 路 ファイル
サイズ (pdf)
訂正番号
(発行or改訂日)
備 考
電流/電圧変換器の外観写真 電流/電圧変換器 約2592KB (2013/07/02 初版) I/V変換比:1V/1A 最大±3A
入力保護、出力過電流保護回路付き。
使用オペアンプ:TL081CD  (テキサスインツルメンツ)
各種装置の消費電流測定に使用可能。
大径リード用ユニバーサル基板PX1220と連結使用(パワートランジスタ周辺回路実装)
2D配線数:15本
計測アンプの外観写真 2チャンネル計測アンプ 約1983KB (2013/07/02 初版) 計測アンプ 2チャンネル (入力保護回路付き)
ゲイン:×1、×10、×100 (ピンヘッダで選択)
使用アンプ:INA111AP  (テキサスインツルメンツ)
オシロスコープ用差動プローブの代替に便利。
上記「電流/電圧変換器」の検証でも、各部の電流波形と電流値観測に使用。
2D配線数:6本
FG用バッファアンプの外観写真 ファンクションジェネレータ用バッファアンプ 約2593KB (2013/08/10 Rev.A) CC(定電流動作)、CV(定電圧動作)選択可能
入力:0〜±3V
出力:1V−3A(CC時)、3V−3A(CV時)
出力/入力比:CC時:1A/1V、CV時:1V/1V
使用アンプ:INA128PA (テキサスインツルメンツ)、 AD711JN(アナログデバイセズ)
上記「電流/電圧変換器」の検証でも、試験用入力電流印加に使用。
大径リード用ユニバーサル基板PX1220と連結使用(パワートランジスタ周辺回路実装)
2D配線数:14本

6.価格と発注方法

 直販製品の概要と発注方法 をご覧下さい。
  Amazon(アマゾン)さんでも販売しています。

7.お問い合わせ

 不明点は下記にお気軽にお問い合わせ下さい。
   webmaster@proxi.co.jp
   TEL 055-934-1527

【付録】

 @回路図
@回路図
   戻る


 A実装設計用テンプレート
A実装設計用テンプレート
   戻る


 B最終回路図
B最終回路図
   戻る

特定商取引に関する法律に基づく表記

−−−−− 本ページはここまで −−−−−